インプラント

最近毎日のようにインプラントの手術をおこなっている。
患者様のインプラントに対するニーズが増えてきている。

患者様がインプラントを希望され、噛めるようになることは良いことだが、良くない傾向もでてきているように思われる。
歯がなくなってもインプラントすればなんとかなるだろうと、安易な考えの方がいて、ひどくなるまで放置してしまう方がいる。

歯が悪くなって抜かないといけない状況までなると、その周りの骨や歯茎にもダメージがおよんでいる。
インプラントは骨に入れるため、骨の状態ですべて決まる。
歯だけでなく骨までグチャグチャになっている状態では、インプラントには不適だ。

誰でもすぐにインプラントで歯がてに入るという認識は間違った認識だ。
骨がしっかりあればすぐにインプラントで歯が入るが、お口の中の環境が悪いと、インプラントの治療は大変になる。

やはり基本は 『悪くなったらすぐに治療』 です。
[PR]
by hana-dental | 2008-11-27 08:42
<< 歯医者さんが選んだ「最先端治療... 七五三 ・ 芋ほり >>